2015年12月20日

関節リウマチを治す6つの知恵 活性U型コラーゲンを利用した全30症例 阿部博幸・監修

皆様、いつもご訪問感謝してます。
資格大好き介護士です。

本日の自己啓発は、書籍です。

関節リウマチを治す6つの知恵 -
関節リウマチを治す6つの知恵 -

でございます。

仕事の中で病院の付き添いもあり、
もっと自己啓発に取り組まねば・・・・・
との思いから出逢いました。

( ̄◇ ̄;)

内容は、
6つの知恵として

1.関節リウマチの原因を知ろう
2.病院での検査や治療を知ろう
3.リウマチに良い週間・悪い習慣を知ろう
4.根本を解決する『免疫寛容』を知ろう
5.克服した人たちの方法を取り入れよう
6.活性U型コラーゲンのエビデンスを確認しょう


とまとめられています。

関節リウマチについて分かりやすく説明されているため、
とても読みやすく、事例も豊富です。

私も本書を読み、病院の付き添いの中で
医師が気をつけている部分や
在宅生活に関わっている介護士が注意するポイントが
少しわかった気がします。

(^◇^;)

特に、
・関節リウマチは自然治癒が期待できず、
放っておけと症状は悪化するので
早期発見・早期治療が重要で、
増悪と寛解を繰り返しながら進行するケースが多いため、
長期的な経過観察が必要な疾患で、
医師は少しでも早い炎症の鎮静を目指して、
患者さんの体調と病態をよく見極め、
試行錯誤を重ねながら対処されていること。

・リウマチ治療のジレンマは、
まちがった免疫反応をおさえようとすると、
全身の免疫力も低下してしまうこと。

・はじまりは免疫のご認識ですが、
いったん免疫異常が起こると
ブレーキの効かない乗り物のごとく
まちがいをなかなか修正できないもどかしさもあること。

・対処療法が中心のリウマチ治療に対し、
活性U型コラーゲンは、
関節で起きている免疫の暴走をくいとめ、
患部の自然な回復を助ける働きをもっていること

等大変勉強になりました。

(_ _)

また最後の

『どのような症状があって、
治療法や副作用はどうなっているのかを知ることは、
健康回復への近道と言えます』


はその通りだと思いました。ヽ(*´∀`)ノ

これからも少しでもお役に立たせて頂ける様
引き出しを増やし
精進させていただこうと思った次第でございます。

(^-^)/

この本に出逢えて良かったです。

皆様に良きことが雪崩の如く起きますように!

感謝。




posted by 資格・学士取得に励む介護士@タイロン at 13:36| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発本(医学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする