2009年09月15日

大逆転の痴呆ケア (単行本)和田行男(著)

いつもご訪問感謝してます。

本日の自己啓発のテーマは、書籍のご紹介をしたいと思います。

タイトルは

大逆転の痴呆ケア (単行本)

         和田 行男(著) です。

この本はご自身の体験を通して、認知症のお年寄りを集めたグループホームの運営について、客観的にユーモラスな筆致で書かれています。

実際のケースを取り上げてながら「和田さんのやり方」を具体的に紹介していくものです。そのやり方が目からうろこでした。
ここで目指しているのはとことんとした「自立」。
専門職としてどう関わっていくか。そこに和田さんの技が光ります。

介護員と利用者さんによる「響き合わせ」や

利用者さんを「見極める」こと

等です。

私もなんとか習得しようと勉強中です。








皆様にいい事がたくさん起きますように!

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

感謝してます。
posted by 資格・学士取得に励む介護士@タイロン at 23:00| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護書(認知症編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする